プラレール

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

プラレール

青いプラスチックのレールを組み合わせて、電池で動く列車模型を走らせるタカラトミーのおもちゃ。59年の発売以来、幼児向けの鉄道おもちゃの代名詞的存在になっている。「Nゲージ」ほど精巧ではないが、細部にこだわったデザインと可愛らしさで、大人にも人気。

(2007-08-27 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

プラレール

株式会社タカラトミーが販売する鉄道玩具。青いプラスチックのレールを組み合わせて作った線路の上で、模型列車を走らせて遊ぶ。原型となる「プラスチック汽車レールセット」が発売されたのは1959年。当時は手で転がす汽車のみだったが、電動車両や新幹線など、さまざまなモデルの列車を追加しつつ発展。イギリスの人形アニメ「きかんしゃトーマス」やディズニーのキャラクター列車などのシリーズもある。レールのサイズと連結部の形状は販売開始以後変更がなく、長年にわたり男児を中心に人気のあるロングセラー商品

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プラレールの関連情報