コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリヤイ priyayi

世界大百科事典 第2版の解説

プリヤイ【priyayi】

元来は領主の末弟たちを意味するジャワ語で,16世紀末からジャワに君臨したマタラム・イスラム王国の国王や地方領主の配下で行政実務を担当した宮廷官吏,貴族階級を意味した。18世紀半ばにマタラムがオランダに制圧されると,オランダ植民地行政に原住民行政官僚として組み込まれた。19世紀末以後,官僚機構の拡充につれ,西洋式教育を通して獲得した専門的知識によって官途についた教師,医師,技師,書記などもプリヤイの範疇に加えられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android