プリュム修道院(読み)プリュムしゅうどういん

世界大百科事典 第2版「プリュム修道院」の解説

プリュムしゅうどういん【プリュム修道院】

フランク王ピピン3世の妃ベルトラダBertrada(?‐783)の祖母および父によって,720年ドイツ西部アイフェル地方のプリュムPrümに建立され,762年ベネディクト会の帝国修道院となる。おもにカロリング王家の寄進によって上ロートリンゲンに大荘園を形成し,893年の土地台帳によると約2000フーフェの土地から穀物200t,豚1800頭,ブドウ酒4000樽などの収穫を得ていた。この経済的繁栄に基づき1200年ころまで文化の中心として栄える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android