コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早川 はやかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早川
はやかわ

神奈川県南西部,箱根山火口原流れる川。全長約 20km。芦ノ湖北岸に発し,中央火口丘西麓に沿って北流する。仙石原で南東に向きを変え,新旧外輪山の間に深い峡谷を形成しながら流れる。湯本で南西からの須雲川を合せてのち,外輪山を出て,小田原西部で相模湾に注ぐ。河口の早川には小田原漁港がある。沿岸には湯本,宮ノ下,強羅など温泉が多く,渓谷美でも有名。

早川
はやかわ

山梨県西部を流れる川で,富士川の支流。全長 61km。上流部は野呂川と呼ばれる。赤石山脈北部の仙丈ヶ岳白根三山付近に発し,赤石山脈と巨摩山地の間を,糸魚川-静岡構造線に沿って南流早川町高住 (こうじゅう) で東に向きを変え,富士川に注ぐ。谷に点在する奈良田などの集落は長らく隔絶した山村であったが,西山ダムをはじめ多数の発電所が建設され,道路も改善された。上流域はモミ,ツガなどの森林資が豊富で,谷沿いに南アルプス林道が通る。白根三山の登山道として利用され,途中の白鳳渓谷は紅葉の名所でハイカーも多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はや‐かわ〔‐かは〕【早川】

流れのはやい川。

はや‐かわ【早川】[地名]

神奈川県南西部の川。箱根の芦ノ湖北端の湖尻から流れ出て、仙石原・湯本を経て小田原市相模湾に注ぐ。
山梨県西部、早川町を流れる川。白根山系の間(あい)ノ岳に源を発し、南流して身延(みのぶ)町で富士川に注ぐ。

はやかわ【早川】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「早川」姓の人物
早川孝太郎(はやかわこうたろう)
早川雪洲(はやかわせっしゅう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

早川【はやかわ】

山梨県西縁の川。長さ66km。富士川の一支流で,糸魚川・静岡構造線に沿う。北岳の西斜面に源を発し,河床勾配(こうばい)が大きく,水量も豊富な荒れ川であるが,渓谷美に富み,西山・奈良田の温泉もある。
→関連項目早川[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はやかわ【早川】

神奈川県西部の川。箱根火山火口原湖芦ノ湖を水源として北岸の湖尻から北流して,仙石原からは南東に向きを変え,宮城野,宮ノ下を経て,箱根湯本で須雲川を合わせ,西流して小田原の市街地南縁で相模湾に注ぐ。幹川流路延長21km,流域面積107km2。宮城野付近までは谷底平野も見られるが,その後は箱根火山の初期外輪山に峡谷を刻み,早瀬となって流下する。木賀から湯本までの数ヵ所で滝も見られる。川沿いには木賀,宮ノ下,底倉,堂ヶ島,芦ノ湯,塔ノ沢,湯本など箱根七湯(ななゆ)に数えられた古くからの温泉群が湧出している。

はやかわ【早川】

山梨県西部を流れる富士川の支流。長さ約70km。上流は野呂川と呼ばれ,白根三山の間(あい)ノ岳北斜面を水源として北流する。北岳の北を大きくまわって南流し,鷲ノ住山付近で西から荒川を合わせ早川となる。中流はほぼ糸魚川‐静岡構造線に沿って南下し,早川町大島で南からの雨畑川を合わせて東流し,身延町の北で富士川に合流する。早川の流路の多くは糸魚川‐静岡構造線やこれに平行する断層に沿っており,地殻変動の影響を強く受けている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はやかわ【早川】

流れの早い川。

はやかわ【早川】

神奈川県南西部の芦湖北端に源を発して北流、仙石原から湯本に南東流し、小田原市で相模湾に注ぐ川。長さ21キロメートル。
山梨県西部の間あいのだけに源を発し、北岳を迂回してほぼ南流し、身延町の中部で富士川に注ぐ川。長さ66キロメートル。上流を野呂川ともいう。

はやかわ【早川】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕早川(はやかわ)


神奈川県南西部を流れる川。2級河川(早川水系)。箱根(はこね)火山火口原湖の芦ノ(あし)湖北端から流出し、仙石原を経て南東流、箱根湯本(ゆもと)温泉で須雲(すくも)川を合わせ、小田原(おだわら)市で相模(さがみ)湾に注ぐ。流域の箱根カルデラ内には温泉が多数わき、渓谷美・山岳美と相まって富士(ふじ)箱根伊豆(いず)国立公園の代表的観光地

〔山梨県〕早川(はやかわ)


山梨県西部を流れる川。1級河川(富士(ふじ)川水系)。延長66km。赤石(あかいし)山脈(南アルプス)北部の間ノ(あいの)岳(標高3189m)北腹に源を発し、北(きた)岳(同3193m)の山麓(さんろく)を巡って南流、身延(みのぶ)山地を横切って富士川に注ぐ。上流部は野呂(のろ)川とも。水量が豊富で、上流の西山(にしやま)ダムほか発電所が点在する。中流に奈良田(ならだ)温泉・西山温泉がわく。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の早川の言及

【芦ノ湖】より

…芦ノ湖南端に長さ3km,幅3mの大明神川が流入するが,1930年北伊豆地震の際,この川の谷頭より山津波が発生し,河床が埋没したため,河川水の大部分は伏流水となった。芦ノ湖の水は本来湖尻から早川に排出していたが,寛文年間(1661‐73)駿河国深良村名主大場源之丞が外輪山西部の湖尻峠下を貫く箱根用水を掘削して以来,平均日量15万tの水が深良トンネルを経て裾野市方面に流出している。現在では大雨による危険がある時以外,湖尻の逆川水門を経て早川に流出する水はない。…

【早川[町]】より

…人口1977(1995)。赤石山脈の白根山と櫛形山に東西を囲まれ,その間を早川と雨畑(あめはた)川が流れる。面積397km2は県下市町村中最大であるが,総面積の90%以上を山林が占める。…

※「早川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

早川の関連キーワード山梨県南巨摩郡早川町奈良田山梨県南巨摩郡早川町西之宮山梨県南巨摩郡早川町千須和山梨県南巨摩郡早川町京ケ島山梨県南巨摩郡早川町塩之上山梨県南巨摩郡早川町大原野山梨県南巨摩郡早川町初鹿島山梨県南巨摩郡早川町高住山梨県南巨摩郡早川町榑坪山梨県南巨摩郡早川町草塩山梨県南巨摩郡早川町黒桂山梨県南巨摩郡早川町小縄山梨県南巨摩郡早川町笹走山梨県南巨摩郡早川町大島山梨県南巨摩郡早川町新倉山梨県南巨摩郡早川町雨畑山梨県南巨摩郡早川町赤沢山梨県南巨摩郡早川町薬袋山梨県南巨摩郡早川町湯島山梨県南巨摩郡早川町早川

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

早川の関連情報