コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリンキパツス principatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリンキパツス
principatus

ローマ帝政前半の政体。普通元首政と訳される。その政体は皇帝アウグスツス (在位前 27~後 14) によって確立された。彼は元老院より,国家最高の権威を享有する者,「第一人者」 princepsとされ,その権威をもって共和政の伝統の尊重,官職の存続,元老院との協調をはかり,属州統治も分担制にした。しかし軍隊指揮権,官職任命権および財政の大部分を掌握する巧妙な独裁政をしいた。こうしてアウグスツスによって築かれた帝政を「元首政」と呼ぶ。その後も引続き元首政による政治が行われたが,3世紀になると帝国内外の混乱によって麻痺し,ディオクレチアヌス帝 (在位 284~305) によって創始された後期ローマ帝国のドミナツス体制 (専制君主政) に取って代られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プリンキパツスの関連キーワードユリウス・クラウディウス朝クルスス・ホノルムインディクチオプロコンスルプロクラトルプリンケプスローマ史

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android