コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルッツ Robert Prutz

世界大百科事典 第2版の解説

プルッツ【Robert Prutz】

1816‐72
ドイツの作家。シュテッティン(現,ポーランドのシュチェチン)の生れ。早くから詩才を発揮したが,反ロマン主義的自由主義的な政治思想のため,念願の教授職にも就くことができず,文芸ジャーナリストとしての活動にも制限を加えられた。喜劇《政治の産室》(1843),社会小説《エンゲルヒェン》(1851)の作品のほかに,講演旅行をもとにした鋭利な文学論や文学史の著作があり,《ドイツ・ジャーナリズムの歴史》(1845)も貴重な先駆的な労作である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プルッツの関連キーワードバイロンカッテンダイケグナイストフォルカードボップマリア[1世]高山陣屋跡マリア1世シャカアサガオ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android