プルトコーフ(読み)ぷるとこーふ(英語表記)Козьма ПрутковKoz'ma Prutkov 

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プルトコーフ
ぷるとこーふ
Козьма Прутков Koz'ma Prutkov 

ロシアの架空の風刺作家。アレクセイ・トルストイとジェムチュージュニコフЖемчужников/Zhemchuzhnikov兄弟(兄アレクセイ1821―1908、弟ウラジミール1830―84)の共同のペンネーム。19世紀50~60年代に共同で詩、寓話(ぐうわ)、アフォリズム、喜劇、パロディーを書いて人気を博した。その風刺の矛先は、自己満足的な俗悪さ、反動的な善意、警察国家における生活の法規制、えせロマンチシズム、「純粋芸術」、インチキ科学に向けられ、雑誌『現代人』『イスクラ』『娯楽』などによって活躍し、作家の肖像画まで発表されたほどの人気で、死亡広告を出して存在を終えた(1862)。[島田 陽]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android