コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルラナーゼ

1件 の用語解説(プルラナーゼの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

プルラナーゼ

 [EC3.2.1.41].アミロペクチン6-グルカノヒドロラーゼで,α1→6グルコシド結合を加水分解する反応を触媒する酵素.アミロペクチンのいわゆる枝になっている部分を切断する.プルランからはマルトトリオースを生成する.細菌,ジャガイモ,穀物などに存在する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プルラナーゼの関連キーワードアミロプシンアミロペクチンデンプン澱粉アガロペクチンアミロペクチノーシス脱分枝酵素ペクターゼペクチナーゼもち米(まい)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone