プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(英語表記)product portfolio management; PPM

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカのゼネラル・エレクトリック GEにおいて開発され,ボストンコンサルティング・グループによって実用化された経営計画および管理の一手法。製品は市場成長率とマーケット・シェア (市場占有率) の高低によって,花形商品 (高成長,高占有率) ,金のなる木 (低成長,高占有率) ,問題児 (高成長,低占有率) ,負け (低成長,低占有率) の4つのカテゴリーに分類される (図参照) 。このうち「金のなる木」の製品は最も高いキャッシュフローを生み出し,「問題児」の製品は今後の投資を必要とする。各セルにおけるキャッシュ・フローの違いは,企業の資源配分計画や撤退計画および資金管理に有効なガイド・ラインを与える。 1970年代に広く普及し,現在では経営計画の基本原理として定着している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

PPMと略す。企業の事業あるいは製品に関する資金の流出入は,市場の成長率とマーケット・シェアの組合せによって決まるという考え方。ボストン・コンサルティング・グループが学習曲線を基礎にして案出した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android