コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学習曲線 がくしゅうきょくせんlearning curve

翻訳|learning curve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

学習曲線
がくしゅうきょくせん
learning curve

学習の進行過程を数量的にグラフに示したもの。普通横軸試行回数試行時間などをとる。この場合縦軸学習測度として正反応数,反応の大きさ,作業量など学習の進行とともに増加するものをとれば学習曲線は上昇曲線となり,作業時間,誤反応数,反応潜時など学習の進行とともに減少するものをとれば下降曲線となる。学習曲線にはいろいろの型があるが,代表的な型として,学習初期に勾配が急で後期にゆるやかになる負の加速度曲線,学習の初期に勾配がゆるやかで後期に急になる正の加速度曲線,学習の初期および後期に勾配がゆるやかで,中期には急なS字型曲線,などがあげられる。ほかに,学習の途中で曲線に増減のない高原現象 (プラトー) が現れる場合もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

がくしゅう‐きょくせん〔ガクシフ‐〕【学習曲線】

学習の進行過程を表す曲線。横軸に試行数や経過時間、縦軸に正答数や誤り数などをとって記録したもの。ラーニングカーブ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

学習曲線【がくしゅうきょくせん】

経験曲線とも。事業活動に関する経験が蓄積されるにつれて,単位当りコストが低下するという経験効果を表した曲線。経験効果は製造コストのみならず,管理,販売,流通などを含むトータルコストにおいても生じる。
→関連項目プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

がくしゅうきょくせん【学習曲線】

心理学で、学習の進行過程を示す曲線。普通、横軸に試行回数や時間経過を、縦軸に正しい反応を示した数や所要時間などをとる。経済では、経験の累積と労働生産性の関係についていう。習得曲線。ラーニング-カーブ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

学習曲線の関連キーワード労働生産性習得曲線迷路学習カーブ心理学累積練習

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学習曲線の関連情報