コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学習曲線 がくしゅうきょくせん learning curve

翻訳|learning curve

4件 の用語解説(学習曲線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

学習曲線
がくしゅうきょくせん
learning curve

学習の進行過程を数量的にグラフに示したもの。普通横軸に試行回数,試行時間などをとる。この場合縦軸に学習の測度として正反応数,反応の大きさ,作業量など学習の進行とともに増加するものをとれば学習曲線は上昇曲線となり,作業時間,誤反応数,反応潜時など学習の進行とともに減少するものをとれば下降曲線となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

がくしゅう‐きょくせん〔ガクシフ‐〕【学習曲線】

学習の進行過程を表す曲線。横軸に試行数や経過時間、縦軸に正答数や誤り数などをとって記録したもの。ラーニングカーブ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

学習曲線【がくしゅうきょくせん】

経験曲線とも。事業活動に関する経験が蓄積されるにつれて,単位当りコストが低下するという経験効果を表した曲線。経験効果は製造コストのみならず,管理,販売,流通などを含むトータルコストにおいても生じる。
→関連項目プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

がくしゅうきょくせん【学習曲線】

心理学で、学習の進行過程を示す曲線。普通、横軸に試行回数や時間経過を、縦軸に正しい反応を示した数や所要時間などをとる。経済では、経験の累積と労働生産性の関係についていう。習得曲線。ラーニング-カーブ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

学習曲線の関連キーワード折れ線グラフ点グラフ棒グラフ面積グラフサイコグラフ図表線グラフタイドグラフ気候ダイヤグラム心機図

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

学習曲線の関連情報