コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロバンス語文学 プロバンスごぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロバンス語文学
プロバンスごぶんがく

南フランスの地方語,プロバンス語を使用した文学。 11世紀には宗教文学,さらにトルバドゥールの文学が 12~13世紀に栄えた。ベルナール・ド・バンタドゥールジョフレ・リュデル,ベルトラン・ド・ボルンらの詩は,北フランス,イタリア,ドイツなどの文学に大きな影響を与え,ダンテ,ペトラルカカンツォーネの原型となった。その後南フランスの勢力衰退に伴い,その文学も衰え,16世紀にペ・ド・ガロがオック語維持に気を吐いたのみで,19世紀なかばの F.ミストラルらによるフェリブリージュの運動までみるべきものはない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android