プロメテウス―火の詩

デジタル大辞泉プラスの解説

プロメテウス―火の詩

ロシアの作曲家アレクサンドル・スクリャービンの交響曲第5番(1909-10)。原題《Prométhée--le poème de feu》。神秘和音という独自の和音を多用。鍵盤の操作で照明の色彩が変化するピアノを用いて演奏された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android