コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プージェ Émile Pouget

1件 の用語解説(プージェの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プージェ【Émile Pouget】

1860‐1931
フランス労働運動指導者。アナーキズムに共鳴,1881年ロンドンの国際大会に参加,83年失業者の示威行動に参加して,ルイズ・ミシェルらとパン屋を略奪,禁固刑に処せられた。89年《ペール・ペナール》誌を創刊。労働者の俗語で記された同誌は,相次ぐ弾圧と,ピサロらの挿絵によって有名になった。94年,アナーキズムに対する弾圧の強化に伴ってロンドンに亡命。95年帰国後,再度雑誌を刊行するかたわらアナーキズムの大衆化をめざして労働組合運動に接近,1900年労働総同盟(CGT)機関紙《ボア・デュ・プープル(人民の声)》刊行に伴い,その編集を担当,01年総同盟副書記長に就任,サンディカリスム運動における扇動・宣伝を担当した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プージェの関連キーワードゴンパーズジュオーCFDTブリアン労働運動ワレササイヤン安芸盛東忠続土井直作

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone