プージェ(英語表記)Émile Pouget

世界大百科事典 第2版の解説

1860‐1931
フランスの労働運動指導者。アナーキズム共鳴,1881年ロンドンの国際大会に参加,83年失業者の示威行動に参加して,ルイズ・ミシェルらとパン屋を略奪,禁固刑に処せられた。89年《ペール・ペナール》誌を創刊。労働者の俗語で記された同誌は,相次ぐ弾圧と,ピサロらの挿絵によって有名になった。94年,アナーキズムに対する弾圧の強化に伴ってロンドンに亡命。95年帰国後,再度雑誌を刊行するかたわらアナーキズムの大衆化をめざして労働組合運動に接近,1900年労働総同盟(CGT)機関紙《ボア・デュ・プープル(人民の声)》刊行に伴い,その編集を担当,01年総同盟副書記長に就任,サンディカリスム運動における扇動・宣伝を担当した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android