コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プージェ Émile Pouget

世界大百科事典 第2版の解説

プージェ【Émile Pouget】

1860‐1931
フランスの労働運動指導者。アナーキズムに共鳴,1881年ロンドンの国際大会に参加,83年失業者の示威行動に参加して,ルイズ・ミシェルらとパン屋を略奪,禁固刑に処せられた。89年《ペール・ペナール》誌を創刊。労働者の俗語で記された同誌は,相次ぐ弾圧と,ピサロらの挿絵によって有名になった。94年,アナーキズムに対する弾圧の強化に伴ってロンドンに亡命。95年帰国後,再度雑誌を刊行するかたわらアナーキズムの大衆化をめざして労働組合運動に接近,1900年労働総同盟(CGT)機関紙《ボア・デュ・プープル(人民の声)》刊行に伴い,その編集を担当,01年総同盟副書記長に就任,サンディカリスム運動における扇動・宣伝を担当した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

プージェの関連キーワード清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎田坂具隆

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android