扇動(読み)せんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「扇動」の解説

扇動
せんどう

アジテーション agitationの訳。大衆の意見や行動を特定の方向へ直接導くための意図的活動をいう。特に大衆の感情や本能を刺激するが,視覚よりも聴覚に訴えることが効果的であるとされている。そして大衆に対してそのような働きかけをするものをアジテーター (動家) という。レーニン宣伝と扇動を区別して,大衆の潜在的な不平不満を外に引出すための操作を扇動と呼んでいる。法律上は,他人に違法行為を実行する決意を生ぜしめ,またはすでに生じている決意を助長させるような勢いのある刺激を与えることもいう。言動のほか,文書,図画による場合も含む。教唆的行為を正犯として独立に処罰する法規としては,破壊活動防止法,爆発物取締罰則,国税犯則取締法,地方税法,公職選挙法などがある。国家公務員法,地方公務員法でいう「あおり」も同じ意味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「扇動」の解説

扇動【せんどう】

アジテーションagitationの訳語。未組織大衆に特定の観念を与え,情緒に訴えて一定の方向に行動を起こさせるようにすること。一般的には,個人の自発性に力点をおく教育や,比較的組織化された大衆に対する複雑な観念の提示を意味する宣伝とは区別される。扇動の形態としては口頭扇動が主であるが,新聞,ラジオ,映画等のマス・メディアもその手段として利用される。
→関連項目デマ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「扇動」の解説

せん‐どう【扇動/×煽動】

[名](スル)気持ちをあおり、ある行動を起こすようにしむけること。アジテーション。「大衆を―する」
[類語]挑発鼓吹鼓舞入れ知恵鼓する煽るけしかけるたきつける煽り立てるアジる吹っかける火を付ける火に油を注ぐ知恵を付ける差し金

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「扇動」の解説

【扇動】せんどう

あおりたてる。〔三国志、許靖伝〕(曹操に与ふる書)袁の、命に方(さから)ひ族を(やぶ)り、動し、津塗(しんと)四塞するにられ、心を北風に縣(か)くと雖も、行かんと欲するも由(よし)靡(な)し。

字通「扇」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android