コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘイロタイ ヘイロタイ 〈ギリシャ〉heilōtai

4件 の用語解説(ヘイロタイの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヘイロタイ(〈ギリシャ〉heilōtai)

古代ギリシャスパルタの完全市民共有の奴隷。征服された先住民の子孫で、農耕労働を強制されるのに反発して市民と敵対し、しばしば反乱を起こした。ヘロット

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ヘイロタイ【heilōtai】

古代スパルタの奴隷身分の農民。征服された先住民の子孫で、市民の土地を耕作し貢納することを強制された。ヘロット。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘイロタイ
ヘイロタイ

ヘロット」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘイロタイ
へいろたい
heilotaiギリシア語

古代スパルタの隷属農業生産者。ヘロットhelots(英語)ともいう。市民の所有地を耕し、収穫物のなかから国家の定めた量の貢納を主人に納めた。この身分はドーリス人による先住民征服に由来するとされるが、それを疑問とする説もある。彼らの解放は国家のみがなしえた。紀元前8世紀後半のメッセニア征服はこの身分のものを大いに増加させた。彼らは絶えず独立の機会をうかがい、実際に蜂起(ほうき)した。彼らの反乱、抵抗を防止するために、スパルタは毎年彼らに宣戦布告し、クリプテイアという夜間ひそかに屈強なヘイロタイを暗殺する制度を設けた。他方、スパルタは彼らを従卒、軽装兵として利用し、ペロポネソス戦争期以降彼らを解放して重装歩兵として用い、市民軍の不足を補った。前369年テーベはメッセニアのヘイロタイを解放した。前207年ナビスがヘイロタイの多くを解放して市民としたために、この身分は事実上消滅するに至った。[古山正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘイロタイの関連キーワードドブロフスキー交割古代裂・古代切太古代古代切古代文学猪苗代スキー場田代スポーツ公園近代スポーツ古代スラブ語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone