コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重装歩兵 じゅうそうほへい

百科事典マイペディアの解説

重装歩兵【じゅうそうほへい】

古代ギリシアの陸軍の中核を担った歩兵。ギリシア語ホプリテスの訳。重い甲冑(かっちゅう)をつけ,盾を並べた密集隊形(ファランクス)を組んで,長い槍で攻撃した。市民の台頭とともに,軍の主導権を握るようになり,民主政ポリス確立の原動力となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうそうほへい【重装歩兵】

古代ギリシア語ホプリテスhoplitēsの訳語。〈暗黒時代〉もようやく終りに近づいた前8世紀の半ば過ぎ,ギリシア世界に現れはじめた独特の戦士を指す。彼らは重いブロンズづくりの甲冑(かつちゆう)をつけ,多くは騎馬で戦場におもむく。いざ敵に接すると馬から下りて,馬を従者に渡し,徒歩で仲間の戦士たちとびっしり盾を並べて密集隊形(ファランクスphalanx)を組み,長い突槍をふりかざし敵にあたっていった。これを後方から軽装兵が応援した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重装歩兵
じゅうそうほへい

ホプリタイ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重装歩兵
じゅうそうほへい

古代ギリシアの戦士。ホプリテスhoplites(楯(たて)兵)と称し、紀元前8世紀後半に出現した。直径約1メートルの青銅の丸盾(ホプロンhoplon)、青銅の冑(かぶと)、青銅・皮・麻などの胸甲と臑(すね)当、長さ2~2.5メートルの鉄の突き槍、鉄の短剣に身を固め、ファランクス(密集隊)を組んで戦った。初めは騎馬で戦場に赴く貴族が中心であったが、前7世紀後半から富裕な平民が、また前6世紀後半からは広範な中小市民までが徒歩で戦場に向かう重装歩兵となった。前5~前4世紀前半には、重装歩兵がギリシアの主要な戦士となった。ローマでは前6世紀なかばごろ、おそらくエトルリア人を通してギリシアの重装歩兵の装備が導入され、前4世紀初めまで用いられたと思われる。[清永昭次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の重装歩兵の言及

【甲冑】より

…ギリシアでは,ホメロスの叙事詩に登場するアカイアの兵士たちは,青銅の胸甲を帯びている。古典期,諸ポリスの民主政治の担い手であった市民は,重装歩兵(ホプリテス)として出陣した。彼らの標準装備は兜,胴鎧,脛当,楯であり,武器として槍と剣を携えた。…

【ローマ】より

…このほか工兵2ケントゥリア,器楽兵2ケントゥリア,等級以下1ケントゥリアがあり,総計193ケントゥリアであった。兵員会はこの部隊編制別で集まり,各ケントゥリアが1票をもって投票をする一方で,武装の仕方も級ごとに定められ,第1級が重装歩兵で出陣する富裕農民であった。第1級80票と騎士18票で98票となり,これだけで193票の過半を制したから,この民会は貴族と平民上層が国政を動かしていたことを示している。…

※「重装歩兵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

重装歩兵の関連キーワード武装と武具[古代ギリシア]300/スリーハンドレッド貴族政[古代ギリシア]クレオメネス(3世)軍制[古代ギリシア]軍制[古代ローマ]プラタイアイの戦いギリシア史[古代]カイロネイアの戦いペロポネソス戦争フィリッポス2世エパメイノンダスレウクトラの戦いイフィクラテスクレイステネスパルティア帝国サラミスの海戦マラトンの戦い重装歩兵民主政エフィアルテス

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android