ヘイ・ビョウ(ビャウ)・うきくさ(漢字)

普及版 字通の解説


15画

[字音] ヘイ・ビョウ(ビャウ)
[字訓] うきくさ

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(へい)。〔説文〕一下に「(うきくさ)なり」とあり、うきくさ、こうほね。

[訓義]
1. うきくさ、こうほね。
2. と通用する。

[古辞書の訓]
立〕 ウキクサ

[熟語]

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android