コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘキサクロロエタン hexachloroethane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘキサクロロエタン
hexachloroethane

化学式 CCl3CCl3 。カーボンヘキサクロリド,パークロロエタンともいう。ショウノウ様の臭気をもつ結晶。容易に昇華する。沸点 186.8℃。水に不溶,アルコール,ベンゼンクロロホルム,油に可溶。爆発性のため注意が必要。セルロイド製造でショウノウの代用,ゴムの加硫の際の硫化促進剤などの用途がある。人に対する毒性として,皮膚刺激,粘膜や肝臓をおかす。高濃度では麻酔の働きをする。獣医薬として牛などの肝蛭 (かんてつ) 駆除剤となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ヘキサクロロエタン【hexachloroethane】

有機塩素化合物の一。化学式 C2Cl6 昇華性・不燃性の無色結晶。用途は、溶剤・ゴムの加硫促進剤など。神経毒性がある。ペルクロロエタン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ヘキサクロロエタンの関連キーワード有機塩素化合物加硫促進剤不燃性溶剤防虫花火

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android