コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘッセン方伯領 ヘッセンほうはくりょうLandgrafschaft Hessen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘッセン方伯領
ヘッセンほうはくりょう
Landgrafschaft Hessen

神聖ローマ帝国の中西部に形成された領邦。もとチューリンゲン方伯家の支配を受けていたこの地方は,1247年同家の断絶とともにブラバント家のハインリヒによりヘッセン方伯領として独立した。その後,次第に領土を拡大し,宗教改革時代には名君フィリップ・フォン・ヘッセンのもとで,ザクセンと並ぶプロテスタントの指導的勢力となった。 1567年フィリップの死に伴う領土分割で,ヘッセン=ダルムシュタットヘッセン=カッセルなどに分れ,ヘッセン=カッセルは 1803年に選帝侯国とされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘッセン方伯領の関連キーワードヘッセン=ダルムシュタットヘッセン=カッセルダルムシュタット

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android