コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘッダ へっだ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ヘッダ

フレームやパケット、メッセージの先頭に付加される制御情報。Ethernet、IP、TCPなどのプロトコルでは、あらかじめ形式を定めてヘッダ内に送信元や宛先アドレスなどの情報を格納している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

ヘッダ

主に2つの意味で使われます。まず、ウェブや電子メールの通信で利用される、データ本文の前に挿入される各種のデータを指します。電子メールの場合、宛先や送信者、表題といった、本文以外の送信者が指定する要素に加え、送受信の日時、着信までに通過したサーバーの情報などの情報もヘッダに含まれています。
もうひとつはワープロソフトなどで、ページの上部にある社名やファイル名、作成日、作成時間などの入る領域のことです。
⇨フッタ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

ヘッダの関連キーワードヴェラ コミサルジェフスカヤアプリケーションスイッチフォーブズ=ロバートソンパケットフィルタリングDSSSメールスプーフィングインクルードファイルパケットキャプチャーコミサルジェフスカヤウィンドウサイズファイアウォールヘッダ・ガブラーヘッダーファイルコンテンツIDマギー スミスフレームリレーA. ナジモワデータグラムcookieメールヘッダ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘッダの関連情報