コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘッダ へっだ

パソコンで困ったときに開く本の解説

ヘッダ

主に2つの意味で使われます。まず、ウェブや電子メールの通信で利用される、データ本文の前に挿入される各種のデータを指します。電子メールの場合、宛先や送信者、表題といった、本文以外の送信者が指定する要素に加え、送受信の日時、着信までに通過したサーバーの情報などの情報もヘッダに含まれています。
もうひとつはワープロソフトなどで、ページの上部にある社名やファイル名、作成日、作成時間などの入る領域のことです。
⇨フッタ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘッダの関連情報