コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘモグロビンA1c(HbA1c) へもぐろびんえーわんしー

生活習慣病用語辞典の解説

ヘモグロビンA1c(HbA1c)

HbA1c(ヘモグロビン A1c) とは赤血球の中にある酸素を運ぶヘモグロビンに血液中の糖が結合したもの。過去1-2か月間の平均血糖値を表します。通常血糖値は変動が激しいので、病院で一時的に調べた血糖だけではその人の糖尿病の状態 をみることはできません。そこで過去の血糖値を反映するHbA1cが糖尿病のコントロールの指標によく利用されます。QUPiOではこの値が4.3%以上5.6%未満を正常値としています。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について | 情報

ヘモグロビンA1c(HbA1c)の関連キーワードNGSP値JDS値

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘモグロビンA1c(HbA1c)の関連情報