コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラクレイア Hērakleia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘラクレイア
Hērakleia

古代ギリシア人によって各地に建設された数多くの都市名。英雄ヘラクレスの名にちなむ。イタリアのルカニア地方にあったもの (現ポリコロ近郊) はローマ時代にローマ市民権を与えられ自治都市 (ムニキピウム ) となった。そのほかメガラとボイオチアが前 560年頃創設した黒海沿岸のヘラクレイア・ポンチカ (現トルコのエレグリ) やスパルタが前 426年にテルモピュレ近郊の戦略拠点に建てたヘラクレイア・トラキニアなどが重要。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のヘラクレイアの言及

【ビトラ】より

…人口7万7000(1994)。ギリシア時代のヘラクレイアHērakleia近くに11世紀にスラブ人がこの町を造った。1382‐1912年はオスマン帝国が支配し,モナスティルMonastirとよばれた。…

※「ヘラクレイア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android