コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラクレイア・ポンチカ Hērakleia Pontika

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘラクレイア・ポンチカ
Hērakleia Pontika

黒海南岸のポントス地方に前 560年頃,メガラボイオチアによって建設された古代ギリシアの植民市 (アポイキア ) 。先住民のマリアンデュナイ人を農奴とした。ヘラクレイアは一時キトロスにいたるまでの海岸の大部分を支配し,カラチスとケルソネソスに植民を送り,黒海貿易に活躍,クセノフォンの時代までその市民は主として航海者であった。その後内紛の結果,僭主政が出現し,前 280年まで 84年間続き,同市は全盛期を迎えた。前 280年頃民主政が復活したが,ビティニアとポントスの両王国,ガラテア人の内陸への移住などによって衰退。前 188年ローマと同盟したが,前 74年ミトラダテス6世側に強制的に立たされ,第3次ミトラダテス戦争のときローマ軍によって攻略,略奪されて,その繁栄は終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘラクレイア・ポンチカの関連キーワードアリュアテスリュディア古今要覧稿ヘプターキートニー賞ONE PIECEエレベーター強度偽装問題信託制度和泉流宗家津付ダム

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android