コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルダー教会 ヘルダーキョウカイ

2件 の用語解説(ヘルダー教会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヘルダー‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【ヘルダー教会】

ドイツ中部、チューリンゲン州の都市、ワイマールにある教会の通称。正式名称は「聖ペーターパウル市教会」。通称は、18世紀の思想家で神学者のヨハン=ゴトフリート=ヘルダーの名にちなむ。1498年から1500年にかけてゴシック様式で建造、18世紀にバロック様式に改築された。クラナッハ父子による祭壇画が有名。ゲーテの家、シラーの家など、市内にあるドイツ古典主義文化に関する建築物や公園とともに、1998年、「古典主義の都ワイマール」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ヘルダーきょうかい【ヘルダー教会】

ドイツ中央部、テューリンゲン州のワイマール(Weimar)にある教会。◇18世紀のドイツの哲学者・文学者、詩人、神学者のヘルダー(Johann Gottfried von Herder、1744~1803年)が葬られたことから、「ヘルダー教会」と呼ばれるようになった。正式名称は「聖ペーターとパウル市教会」(Stadtkirche St. Peter und Paul)で、ワイマールで最も有名な教会である。この教会は1498~1500年にかけてゴシック様式で建造され、18世紀にバロック様式の建物に改築された。ルネサンス期のドイツの画家ルーカス・クラナッハ(Lucas Cranach der Ältere)父子(父子とも同姓同名)が2代にわたって聖書の世界を描いた、巨大な祭壇画があることで有名である。ワイマール市内のゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、1749~1832年)やシラー(Johann Christoph Friedrich von Schiller、1759~1805年)の家など、ドイツ古典主義文化に関する建築物や公園とともに、世界遺産に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘルダー教会の関連キーワードチューリンゲンテュービンゲンワイマールワルトブルク城ロートリンゲンウェンゲンエリザベート教会クレーマー橋クレクリンゲンチューリンガー

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘルダー教会の関連情報