ヘルダー教会(読み)ヘルダーキョウカイ

  • ヘルダーきょうかい〔ケウクワイ〕

デジタル大辞泉の解説

ドイツ中部、チューリンゲン州の都市、ワイマールにある教会の通称。正式名称は「聖ペーターとパウル市教会」。通称は、18世紀の思想家で神学者のヨハン=ゴトフリート=ヘルダーの名にちなむ。1498年から1500年にかけてゴシック様式で建造、18世紀にバロック様式に改築された。クラナッハ父子による祭壇画が有名。ゲーテの家、シラーの家など、市内にあるドイツ古典主義文化に関する建築物や公園とともに、1998年、「古典主義の都ワイマール」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ドイツ中央部、テューリンゲン州のワイマール(Weimar)にある教会。◇18世紀のドイツの哲学者・文学者、詩人、神学者のヘルダー(Johann Gottfried von Herder、1744~1803年)が葬られたことから、「ヘルダー教会」と呼ばれるようになった。正式名称は「聖ペーターとパウル市教会」(Stadtkirche St. Peter und Paul)で、ワイマールで最も有名な教会である。この教会は1498~1500年にかけてゴシック様式で建造され、18世紀にバロック様式の建物に改築された。ルネサンス期のドイツの画家ルーカス・クラナッハ(Lucas Cranach der Ältere)父子(父子とも同姓同名)が2代にわたって聖書の世界を描いた、巨大な祭壇画があることで有名である。ワイマール市内のゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、1749~1832年)やシラー(Johann Christoph Friedrich von Schiller、1759~1805年)の家など、ドイツ古典主義文化に関する建築物や公園とともに、世界遺産に登録されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android