ヘルツェゴビナ(英語表記)Herzegovina

百科事典マイペディアの解説

ヘルツェゴビナ

ボスニア・ヘルツェゴビナ南部の地方。ネレトバ川流域を中心に,西はダルマツィア地方に囲まれ,むき出しのカルスト地形が広がる。農耕には適さず,牧畜やブドウ栽培が行われる。15世紀前半ヘルツェゴビナ公国として独立したが,15世紀末オスマン帝国(トルコ)の支配下に入った。現在は1992年に独立を宣言したボスニア・ヘルツェゴビナ共和国の一部をなす。中心都市はモスタル。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のヘルツェゴビナの言及

【ボスニア・ヘルツェゴビナ】より

…正式名称=ボスニア・ヘルツェゴビナ共和国Republika Bosna i Hercegovina∥Republic of Bosnia and Herzegovina面積=5万1129km2人口(1996)=352万人首都=サラエボSarajevo(日本との時差=-8時間)主要言語=セルビア語,クロアチア語通貨=ボスニア・ディナールBosnian Dinar旧ユーゴスラビア連邦を構成した一共和国。1991年10月に独立を宣言した。…

※「ヘルツェゴビナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘルツェゴビナの関連情報