ヘルモッド(読み)へるもっど(英語表記)Hermór

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルモッド
へるもっど
Hermr

北欧神話の神。主神オーディンの子。ヘルモッドはバルドルが死んだとき、冥府(めいふ)に赴いてヘルに身代金を差し出し、バルドルを取り戻すようオーディンに頼まれる。ヘルは世界中の者がバルドルのために泣くなら戻そうという条件を出したが、ロキ1人のために事は成功しない。ヘルモッドの名はスカルド詩に一度現れるが、神話には前述の役割以外はみられず、比較的新しく神格化された神とされている。[谷口幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android