コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルドル Baldr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルドル
Baldr

北欧神話の光明の神。オーディンフリッグの息子で,アサ神族のなかで最も美しい神。オーディンの最愛の子だったが,悪神ロキ悪巧みにより,盲目の兄弟ヘズルの手にかかって非業の死をとげたとされる。行く先々に喜びと光をまき散らし,賢く親切で,だれからも愛された彼の死は,自分が死ぬという不吉な夢から始った。バルドルを守るため,フリッグをはじめ神々は手を尽したが,ついにロキの悪巧みによって彼は打ち倒されヘルの支配する冥界に送られてしまう。フリッグの要請にこたえて,ヘルは全世界の者がすべてバルドルの死を悲しむのなら,彼をアスガルズに返そうと約束するが,またもやロキのために,彼はヘルのもとにとどまることになった。しかし,ラグナレクのあとでは,彼はヘズルとともに復活して新世界を支配する神々の仲間入りをするという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バルドル

北欧神話の神。オーディンとフリッグの子。神々の中で最も美しく知恵があり万人に愛されたが,ロキの計略でホズに殺された。光を失った世界は暗くなり,やがて終末を迎える。
→関連項目フォルセティフリッグヘルモーズ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バルドル【Baldr】

北欧神話の神。オーディンとフリッグの子。ナンナを妻としブレイザブリークに住む。スノッリ・ストゥルルソンによると最もすぐれた神で,容貌が美しくて賢く,雄弁でやさしい神とされる。あるときバルドルは生命にかかわる不吉な夢を見た。母フリッグは,万物にバルドルには指一本触れないことを誓わせる。ところがロキが,この誓いに加わらなかったやどり木をバルドルの弟の盲目のホズに渡す。ホズがロキに言われた通りそれでバルドルを射ると,たちまちそれは矢に変わり彼を貫いて倒す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルドル
ばるどる
Baldr

北欧神話の神。主神オーディンとフリッグの子で、アサ神族のうちもっとも賢明で美しく、また雄弁でやさしい神とされる。ブレイザブリクに住み、ナンナを妻とする。あるときバルドルは一命にかかわる不吉な夢をみ、母フリッグはすべての者に、指1本バルドルに触れないことを誓わせる。しかしロキだけがこの誓いに加わらず、バルドルの盲目の弟ホズルにヤドリギの枝を渡して彼を射させる。するとヤドリギは矢に変わり、バルドルは倒れる。さらに冥府(めいふ)へヘルモッドを派遣して、バルドルを取り戻しに行く試みも、ロキの奸計(かんけい)のために成功しない。[谷口幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバルドルの言及

【海】より

…ジグムントは死んだシンフィエトリを,渡し守に変装したオーディンに引き渡し,彼はその死者を海を渡って運んで行った。《ベーオウルフ》の死せるスクルドは,宝物を積んだ舟に乗せられ,北欧神話のバルドルの死体は海浜の舟の上で火葬されたのである。フランスの民間信仰でも,死者の行くところは地中の海とされている。…

【涙】より

…オウィディウスによれば,カエサルの死を予見して多くの場所で象牙の神像が涙を流したという(《転身物語》)。また,北欧の《スノッリのエッダ》によれば,オーディンの子である善良なバルドルが死んだとき,冥府の女神ヘルは世界中の生きているものと死んでいるものが彼のために泣けば生き返らす,と約束した。人間も動物も大地も石も木も,すべての金属も泣いたが,悪神ロキが化けたと推測される女巨人ソックだけが涙を流さなかったために,バルドルはよみがえらなかった。…

【ヤドリギ】より

…ヤドリギが古くから神聖視されたのは,冬になって宿主である落葉樹のオークが葉を落としているのに反し,宿生しているヤドリギだけは青々とした葉をもち続けており,その結果,いったん葉を落としたオークの木が再生したかのようにみえたからである。北欧神話には,オーディンの息子バルドルが,いったんは悪神ロキによってヤドリギでつくられた矢で射殺されるが,その後生きかえるという話が伝えられているが,これもヤドリギにまつわる死と復活のイメージに関係するものと思われる。【山下 正男】。…

※「バルドル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バルドルの関連キーワードシュタイナー(Rudolf Steiner)ルードルフ シュタイナースノッリ・ストゥルルソンメルゼブルクの呪文アイスランド文学シュタイナー学校オイリュトミードラウプニルゲルマン神話シュタイナーニフルヘイムオルチア渓谷アース神族ヘルモッドフォルセチ北欧神話ヘルモズエーワルニョルド人智学

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android