コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカルド詩 スカルドしSkaldic poetry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカルド詩
スカルドし
Skaldic poetry

北欧の口誦宮廷詩。その起源はノルウェーであるが,主として9~13世紀のアイスランドの吟唱詩人 (スカルド) によって発展した。バイキング時代 (9~10世紀) に活躍したスカルドは宮廷詩人として宮廷や貴族の館に仕えた者が多い。その最初の有名な詩人は9世紀ノルウェーの老ブラギ,その典型は『エギルのサガ』の主人公エギル・スカラグリームスソン。スカルド詩は『韻文エッダ』とともに,古いアイスランド文学に残る。エッダが伝統的な古代ゲルマンの単純な詩形で,叙事的に神話,英雄伝説を語るのに対し,スカルド詩は,技巧的で複雑な詩形と比喩を駆使して,特定の人物の功績をたたえたり,皮肉,風刺,罵倒を浴びせたりする。 10~12世紀頃がその全盛期で,やがて散文物語サガに取って代られて,13世紀末以後はみられなくなった。ケニングと呼ばれる特殊な比喩を駆使した,現代人にはきわめて難解な詩が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スカルド詩【スカルドし】

古代・中世北欧の詩人たち(スカルドSkaldはその総称)によってつくられた詩。特に《エッダ》の比較的自由な叙事詩に対し,高度に技巧的な抒情詩,風刺詩,頌歌などが多い。
→関連項目アイスランド語

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スカルドし【スカルド詩】

古代北欧のスカルドskaldの韻律でつくられた詩。スカルドは,古代・中世北欧詩人の総称である。エッダ詩が名の知られぬ詩人による神話詩,英雄詩であるのにひきかえ,スカルド詩は多く詩人の名が知られ,内容は王侯や首長の武勲や事績をたたえたものである。形式の点から比較すると,エッダ詩の方が韻律は比較的自由で短行の終りにも制約なく,全体として厳かだが単純な形式をもつのに対して,スカルド詩は高度に複雑で技巧的な韻律をもち,末尾は必ずトロカイオス(強弱調)で終わる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

スカルド詩の関連キーワードウルル(北欧神話の神)シブ(北欧神話の女神)ベッソブルンの祈祷F. ヨウンソンノルウェー文学ゲルマン神話ヨウンソンオーディンヘルモッドシーグバト北欧文学口承文芸アエギルイドゥン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android