ヘレニズム的ユダヤ教(読み)ヘレニズムてきユダヤきょう(英語表記)Hellenistic Judaism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘレニズム的ユダヤ教
ヘレニズムてきユダヤきょう
Hellenistic Judaism

ヘレニズム文化によって影響を受けたユダヤ教の意味。特にパレスチナ以外のギリシア語の普及した地方で,いわゆる分散 (→ディアスポラ ) ユダヤ人の間にみられる。アレクサンドリアはその中心でプトレマイオス朝時代初期には旧約聖書のギリシア語訳がつくられ (七十人訳聖書) ,その後,哲学者 (アレクサンドリアの) フィロンが出た。またドゥラ=エウロポスのユダヤ教会堂の美術はヘレニズム的ユダヤ教徒のものとして,E.グッドイナフによって詳しく研究された。しかし,純粋なユダヤ教との間の区別を重視する傾向は,今日訂正を要すると考えられており,当時のユダヤ教そのものがヘレニズム文化圏内にあって,ある程度ヘレニズム化されていたと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android