コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘレロ族の反乱 ヘレロぞくのはんらん

1件 の用語解説(ヘレロ族の反乱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヘレロぞくのはんらん【ヘレロ族の反乱】

1904年にドイツ領南西アフリカ(現,ナミビア)のヘレロHerero族が植民地当局に対して起こした反乱。1894年以来,南西アフリカではドイツ人入植者によってヘレロ族の飼牛の収奪や,鉄道建設用地の強制収用が行われていた。ドイツによる軍事支配が強化され始めようとしていた1904年1月12日,約7000人のヘレロ族が最高首長サミュエル・マハレロの指揮下に反乱に立ち上がった。最初はドイツ側がヘレロ族の力を過小評価したり,援軍の到着が手間取ったために,戦局はヘレロ族側に有利であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘレロ族の反乱の関連キーワードアフリカ統一機構タンガニーカナミビアロメアフリカ菫ホワイトアフリカ南アフリカSWAPOセルーゲームリザーブ汎アフリカ主義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone