コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

餓死 ガシ

デジタル大辞泉の解説

が‐し【餓死】

[名](スル)飢えて死ぬこと。うえじに。「大飢饉で餓死する者が多数出た」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

餓死

第2次世界大戦で戦没した軍人、軍属は約230万人とされる。死因の公式な統計は存在しないが、戦闘死よりも死の方が多いとの研究結果がある。一橋大名誉教授の故・藤原彰氏は、旧厚生省援護局の資料をもとに広義の餓死者(餓死および栄養失調による病死)の割合を推定。各戦場ごとに積み上げた数字は合計で127万6240人となり、日本軍における戦没者の過半数を占めたとしている。

(2017-08-13 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がし【餓死 death from starvation】

生体は,生命維持に必要なエネルギーを食物の摂取によって得ているが,なんらかの理由で持続的に摂取エネルギーが不足すると,自身の組織構成成分が漸次分解され,体重が減少する。このような状態を飢餓hunger(starvation)といい,それによる死を飢餓死または餓死という。飢餓には食物をまったく摂取しない完全飢餓(水だけ摂取する場合を含む)と栄養の不足または失調による不完全飢餓があり,完全飢餓では,初期のエネルギー補給は筋肉や肝臓に蓄えられているグリコーゲンで行われるが,グリコーゲン消費後も脂肪によって持続的なエネルギーの補給が行われ,ついにはタンパク質も分解される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がし【餓死】

( 名 ) スル
飢えのために死ぬこと。飢餓死。うえじに。 「飢饉で多くの人が-した」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

餓死
がし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

餓死の関連キーワードネグレクト 育児放棄:真奈ちゃんはなぜ死んだか日本ベトナム間賠償借款協定干し殺す・干殺す・乾し殺す山口県岩国市美和町下畑名駅周辺の年越し支援飢え死に・餓え死にビュリダンの驢馬伏見屋四郎兵衛ビアフラ戦争寛喜の大飢饉筒井村作兵衛寛正の大飢饉享保の飢饉天明の飢饉天保の飢饉伯夷・叔斉がしんたれ五大院宗繁飢餓漣痕カネゴン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

餓死の関連情報