殺戮(読み)サツリク

デジタル大辞泉の解説

さつ‐りく【殺×戮】

[名](スル)むごたらしく多くの人を殺すこと。「非戦闘員をも殺戮する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さつりく【殺戮】

( 名 ) スル
残忍な方法で多くの人を殺すこと。 「知識は常に感情を手取りにして、解体し-せんとす/囚はれたる文芸 抱月

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さつ‐りく【殺戮】

〘名〙 (「」は罪人を殺す意) 刑罰として殺すこと。現代では、刑罰とは関係なく単に、多くの人を殺すこと。
※続日本紀‐宝亀元年(770)八月丙午「公私彫喪。国用不足。政刑日峻殺戮妄加」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「天聖王の為に祥瑞を示し、又雨をくだして、殺戮(サツリク)の余気を鎮(しづむ)るなるべし」
※簑虫と蜘蛛(1921)〈寺田寅彦〉「生物の間に行はれる殺戮の中でも、此れは恐らく最も残酷なものの一つに相違ない」 〔春秋左伝‐昭公二五年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

殺戮の関連情報