ヘロンの蒸気タービン(読み)ヘロンのじょうきタービン(英語表記)steam turbine of Hērōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘロンの蒸気タービン
ヘロンのじょうきタービン
steam turbine of Hērōn

1世紀頃,アレクサンドリアの多彩な発明家ヘロンの『大気学』のなかに紹介されている原始的な反動タービン。これは中空のを左右からピボット軸受を兼ねたパイプで支えたもので,蒸気はこのパイプを通って球の中に送られ,球につけられた2つのパイプから互いに反対方向で接線方向に噴出し,その反動力で球を回転させるもので,宮殿の扉の開閉に用いられたと伝えられている。これは,蒸気を動力として用いた歴史上最初の試みとみなされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android