コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンティー山脈 ヘンティーさんみゃくHentiyn nuruu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンティー山脈
ヘンティーさんみゃく
Hentiyn nuruu

モンゴル北東部にある南西-北東方向の山脈。全長約 250km。東にヘンティーハン山地,西にバガヘンティー山地の支脈がある。標高 1600~2000m。最高点はバガヘンティー山のアスラルトハイルハン峰で 2800m。山容は穏やかで,北面はカラマツ,モミなどのタイガにおおわれ,南面は大部分が草地。山間に広い盆地が散在し,古くから遊牧民族の活動の地となった。西部には首都ウラーンバートルがある。ヘルレン川オノン川トール川など多くの河川が源を発する。ジャンチブリン,オノン,ユルーなどの有名な鉱泉や温泉がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘンティー山脈の関連キーワードブルハン・ハルドゥン(不而罕哈勒敦)東部モンゴル高原モンゴル高原ヘンティー州セレンゲ州トゥブ州オブス湖モンゴルシルカ川

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android