コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘントの平和 ヘントのへいわPacificatie van Gent; Pacification of Ghent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘントの平和
ヘントのへいわ
Pacificatie van Gent; Pacification of Ghent

「ガンの平和」とも呼ばれる。オランダ独立戦争中,1576年 11月に成立したネーデルラント全州の和約。オランダ独立の指導者オランニェ公ウィレム1世 (沈黙公) は新旧両教の争いよりも政治的平和と寛容を優先すべしと説き,カルバン派の支配下にある反乱側のゼーラント,ホラント両州とスペイン支配下にあってスペイン兵の劫掠におびえる残りの州を講和させてスペイン兵の国外退去を要求し,全ネーデルラントの統一と平和の実現に成功した。翌年1月この和約に基づいてブリュッセル同盟が結成されたが,79年南部ワロン諸州がアラス同盟,北部がこれに対抗してユトレヒト同盟を結び,オランダとベルギーは決定的に分裂した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘントの平和
へんとのへいわ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヘントの平和の関連キーワードオラニエ公ウィレム(1世)ウィレム1世(沈黙公)オランダ史ゼーラントカルバン派ヘントゲント劫掠

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android