ヘンリー・ルイス ゲーリッグ(英語表記)Henry Louis Gehrig

20世紀西洋人名事典の解説

ヘンリー・ルイス ゲーリッグ
Henry Louis Gehrig


1903 - 1941
米国野球選手。
ニューヨーク生まれ。
コロンビア大学中退後、1923年ニューヨーク・ヤンキース入団。一塁手、四番打者として三番打者ベーブ・ルースとともに百万ドル打線と言われた。連続試合出場数2130回、大リーグ最高の満塁本塁打23、平均打率三割四分、’34年三冠王、最高殊勲選手四回などの記録をもつ。’39年「野球の殿堂」入り。背番号4は永久欠番となった。’31年、’32年の2度来日。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android