コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘーガーシュトレーム Axel Hägerström

世界大百科事典 第2版の解説

ヘーガーシュトレーム【Axel Hägerström】

1868‐1939
スウェーデンの哲学者。ウプサラ大学教授。彼はその認識論においてカントの主観主義を批判して形而上学を拒否し,その価値論において伝統的規範倫理学の学としての不可能を説きメタ倫理学の立場をとる。彼の形而上学否定の根拠は一つのものが二つの実在――時間空間の世界と形而上世界――に同時に属することの論理上の矛盾にある。たとえば神の存在の命題は,時空の世界に属さない一つの実体が時空の世界に存在するというのだから矛盾律に反する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘーガーシュトレームの関連キーワードオリーベクローナロス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android