時空(読み)じくう(英語表記)space-time

  • spacetime
  • 時空 spacetime

翻訳|space-time

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時間という概念を考えるとき,19世紀までは,ニュートンの絶対時間,絶対空間という考え方が一般的であった。つまり,絶対時間とはなにものにも規制されることなく,それ自身,一様に流れるものであり,同様に絶対空間とはなにものにも規制されることなく,それ自身,一様に存在するとし,時間と空間は独立かつ不動のものであると考えた。ところが,1905年アインシュタイン特殊相対性理論により,時間と空間が互いに関連し合って1つの四次元時空間を形成するとした。これを時空と呼ぶ。動いている物体の長さや進み方が静止しているときに比べて縮んだり遅れたりする特殊相対論的効果は,時間と空間が互いにその一部を交換して生じるのである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

縦、横、高さの3次元をもつ空間に、時間も加えた4次元の座標で表される広義の空間。特殊相対論では、時間と空間は不可分、同格で、この時空をミンコフスキー空間と呼ぶ。光はこの空間の光円錐に沿ってまっすぐ進み、物体はこの円錐内側を動く。その道筋世界線

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アインシュタインの特殊相対性理論によって初めて明らかにされた概念であり,空間座標xi(x1x,x2y,x3zx2は2番目のx座標という意味で,xの2乗ではない)と,第4番目の時間座標x0ctとからなる四次元的空間のこと(cは光速度,tは時間)。時空間ともいう。アインシュタイン以前においては時間と空間はまったく別のものであった。例えば質点の運動は,その空間的な座標xiを時間tの関数としてxi(t)と与えることによって決定される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

時間と空間の統一体。ニュートンは、絶対時間と絶対空間の概念を導入した。絶対時間は、他の何物にも規制されず、それ自身、一様に流れる。絶対空間は、他の何物にも規制されず、それ自身、一様に不動に存在する。つまり、ニュートンの考えでは時間と空間は独立であり、かつ不動である。この考え方が19世紀までの基本的な考えであり、時空という概念はなかった。

 アインシュタインは1905年に、光速はどんな観測者からみても一様である、物理学の基本方程式は等速直線運動をしているどんな観測者からみても同じである、という原理を基にして、特殊相対性理論を提唱した。すると、時間と空間は、もはや独立ではなく、ミンコフスキー時空という一様な四次元空間となる。運動している物差しの長さが縮んだり、時計が遅れたりする特殊相対論的効果は、時間と空間が互いにその一部を交換して生ずるのである。アインシュタインは、さらに進んで一般相対性理論を提唱した(1916)。そこではニュートンの万有引力の法則にかわって、重力を四次元時空のゆがみと考える。つまり、重力という「力」は存在せず、物体はゆがんだ時空の中の最短距離(測地線)を走る。一般相対論的時空は、もはや不動でも一様でもなく、物質の存在により規定され、動的で非一様なものである。

[松田卓也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 時間と空間。
※真理金針(1886)〈井上円了〉「天帝果して思想内に現ずべき以上は其体時空の外に存ずるに非ざること明なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の時空の言及

【相対性理論】より

…この長さの縮みは,実は以前ローレンツが,マイケルソン=モーリーの実験を説明するために仮定したもの(ローレンツ収縮)と結果においてまったく同じものであるが,アインシュタインは新しい考え方に基づいて,これに自然な解釈を与えたものということができる。
[時空]
 (3)式が示すように,ある座標系で時間と考えている量が,他の座標系でみると,時間と空間座標のまじり合ったものになるというのであるから,時間と空間の間にはもはや絶対的な区別はつけられない。むしろ両者を統一した時間・空間,または略して時空こそが物理的記述の枠組となるべきである。…

【ローレンツ変換】より

…これをローレンツ変換といい,注目すべきは,時間もtからt′へ変換され,とくに時間と空間座標の間に移り変りが起こることである。時間は,もはや空間座標と独立なものではなく,時間と空間を統合した時空という概念に達しなければならない。上記の式そのものは,光速度が方向によって変わらないことを示したマイケルソン=モーリーの実験に関連してH.A.ローレンツがすでに導いていたので,現在でもローレンツ変換と呼ばれているが,アインシュタインはローレンツとは異なるまったく新しい解釈を与えたのである。…

※「時空」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時空の関連情報