コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベイル ベイル Vail

翻訳|Vail

2件 の用語解説(ベイルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ベイル(Vail)

米国コロラド州ロッキー山脈にある町。全米屈指のスキーリゾートとして知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベイル
べいる
Murray Bail
(1941― )

オーストラリアの小説家。サウスオーストラリア州州都アデレード生まれ。一時期美術学校に通う。絵画にも造詣(ぞうけい)が深い。5年間、国立美術館評議員を務めた。オーストラリアの画家論として『イアン・フェアウェザー研究』を発表(1981)。1968~70年インド、1970~74年はイギリス、ヨーロッパに滞在。短編集第一作『同時代の肖像群』(1975)は、86年『家畜追いの妻』と改題出版。画家ラッセル・ドライスデール挿絵のこの短編集は、1892年同タイトルのH・ローソンの短篇の現代版話題作。小説『ホームシックネス』(1980)は、オーストラリア文芸協会賞、エイジ年間文学賞を受賞した。小説『ホールデンのパフォーマンス』(1987)はビクトリア州プレミア賞をうける。『普通筆記法――ある作家のノート』(1989)は、1960~70年代の海外滞在中の体験・見聞を書いたもの。ヘレン・ダニエル著『ライアーズ――新しいオーストラリアの作家たち』(1988)の標的にあげられた一人。シドニー在住。[古宇田敦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベイルの関連キーワードアラウンドザウイケットボウリングクリースバッティングウイケットオーバーザウイケットオフベイルラウンドザウイケットミッドウイケットヒットウイケットウイケットウイケットキーパー

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベイルの関連情報