コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベストマンナエイヤル Vestmannaeyjar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベストマンナエイヤル
Vestmannaeyjar

ベストマン群島ともいう。アイスランド領。アイスランド南岸から8~35km沖合いにある火山性群島で,1963年 11月噴出したスルツエイを含めて大小 15個の切立った島や岩礁から成る。最大の島はヘイマエイ (島) で,その北東岸に漁港ベストマンナエイヤル (人口 4933〈1991推計〉) がある。タラの漁獲,加工と牧畜が主産業。8世紀頃アイルランドの修道士8人が住んだことがあり,1627年にはサラセンの海賊に襲われ 250人の住民が奴隷にされた。 1973年1月町の東部に激しい噴火が起き,住民の大半が避難した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベストマンナエイヤルの関連キーワードベストマンナ[諸島]ヘイマエイ火山ベストマン諸島ヘイマエイ島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android