コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベストマンナエイヤル ベストマンナエイヤルVestmannaeyjar

1件 の用語解説(ベストマンナエイヤルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベストマンナエイヤル
Vestmannaeyjar

ベストマン群島ともいう。アイスランド領。アイスランド南岸から8~35km沖合いにある火山性群島で,1963年 11月噴出したスルツエイを含めて大小 15個の切立った島や岩礁から成る。最大の島はヘイマエイ (島) で,その北東岸に漁港ベストマンナエイヤル (人口 4933〈1991推計〉) がある。タラの漁獲,加工と牧畜が主産業。8世紀頃アイルランドの修道士8人が住んだことがあり,1627年にはサラセンの海賊に襲われ 250人の住民が奴隷にされた。 1973年1月町の東部に激しい噴火が起き,住民の大半が避難した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone