コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッセル点 ベッセルてん Bessel point

1件 の用語解説(ベッセル点の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベッセルてん【ベッセル点 Bessel point】

直尺など細長い形状のものの寸法を正確に測定する場合,支持する位置によって変形し寸法誤差が生ずる。H型あるいはX型断面形状で,中立面に目盛が施された標準尺では,全長の測定誤差を最小にする支持点をベッセル点という。図に示すように,全長をL,両端から支持する点までの長さをaとすればベッセル点はa=0.2203Lである。【横山 豊】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベッセル点の関連キーワード鋳造ラムゼー田舎間着丈尺杖針状猫間細長い山だて畳の寸法

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone