ベッセル点(読み)ベッセルてん(英語表記)Bessel point

世界大百科事典 第2版の解説

ベッセルてん【ベッセル点 Bessel point】

直尺など細長い形状のものの寸法を正確に測定する場合,支持する位置によって変形し寸法誤差が生ずる。H型あるいはX型断面形状で,中立面に目盛が施された標準尺では,全長の測定誤差を最小にする支持点をベッセル点という。図に示すように,全長をL,両端から支持する点までの長さをaとすればベッセル点はa=0.2203Lである。【横山 豊】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android