コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準尺 ひょうじゅんじゃく standard scale

1件 の用語解説(標準尺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうじゅんじゃく【標準尺 standard scale】

金属製直尺より精度がよいもので,精密測定器などに組み込まれるものや精密測定器を校正する長さの線基準として用いられる。標準尺の材質は経年変化が少なく,耐食性があり,均質で高品位の金属またはガラスである。その熱膨張係数は(11.5±1.5)×10-6/℃の範囲内を原則とし,特殊な材質を用いたものは,その熱膨張係数を明記することになっている。断面形状はH型のほか,長方形,丸平型などがある。目盛は1mmで,目盛線の太さは高精度のものは3~8μmである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

標準尺の関連キーワード精度ノギス選りすぐる見好い連歌と盗人は夜がよい聞良い気前がよい女房と畳は新しい方がよい繰返し精度小坂研究所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone