コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベテシャン Beth‐shean

1件 の用語解説(ベテシャンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベテシャン【Beth‐shean】

イスラエルでもっとも肥沃なエズレル平野の東端にある町。海面より120mも低い地点にあり,夏はひじょうに暑い。古代から南北交易の要衝として栄え,前2千年紀後半を通じてエジプトの支配下にあったが,ダビデが征服してイスラエル領となる。ヘレニズム時代,プトレマイオス朝下のスキタイ人騎馬隊の駐屯地となったことから,スキュトポリスScythopolis(〈スキタイ人の町〉の意)と呼ばれた。前63年にはローマポンペイウスが征服して,デカポリス(10市からなるギリシア都市連合)の一つとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベテシャンの関連キーワードハマースイスラエルのアラブ人アラブボイコットイスラエルロビー希伯来ロンバルディア平原あっとスライスイスラエル交響曲パレスチナ情勢イスラエルとハマス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone