ベドリントン・テリア[種](英語表記)Bedlington terrier

世界大百科事典 第2版の解説

ベドリントン・テリア[種]【Bedlington terrier】

原産地がイギリスの家庭犬。名称は,原産地イングランド北東端の町ベドリントンに由来し,古い型のテリア種を基礎にダンディ・ディンモントDandie Dinmontやホイペットの血液を取り入れ,19世紀初期に作られた。特徴は他のテリア種に見られない長い耳,頭頂の被毛,鼻梁(びりよう)の高い“ローマ鼻”,ホイペットに似たアーチ形の腰部などである。古くは労働者たちの賭の対象として闘犬勝負に使われ,気性は激しかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android