コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニヤマタケ(紅山茸) ベニヤマタケHygrocybe coccinea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニヤマタケ(紅山茸)
ベニヤマタケ
Hygrocybe coccinea

担子菌類マツタケ目アカヤマタケ科。春秋の頃,林下の地上または牧草ササの間に群生する。は径2~5cm,初め鈍頭の円錐形であるが,のちに平らに開き,縁はくずれやすくなる。血紅色で美しいが退色すると黄赤色となる。ひだは広く橙黄色。柄は高さ 2.5~6cm,中空でしばしば押しつぶされた形になり,なめらかで傘と同色。胞子紋は白色。食べられる。北海道,本州,九州に産し,北アメリカヨーロッパオーストラリアにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android