コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニヤマタケ(紅山茸) ベニヤマタケ Hygrocybe coccinea

1件 の用語解説(ベニヤマタケ(紅山茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニヤマタケ(紅山茸)
ベニヤマタケ
Hygrocybe coccinea

担子菌類マツタケ目アカヤマタケ科。春秋の頃,林下の地上または牧草やササの間に群生する。傘は径2~5cm,初め鈍頭の円錐形であるが,のちに平らに開き,縁はくずれやすくなる。血紅色で美しいが退色すると黄赤色となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベニヤマタケ(紅山茸)の関連キーワードアンズタケイグチ(猪口)ハリタケ(針茸)ベニタケ(紅茸)赤初茸早松茸アミガサダケヒメマツタケ(姫松茸)松茸御飯

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone