コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニヤミン Binyāmin; Benjamin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニヤミン
Binyāmin; Benjamin

旧約聖書の人物。ベンヤミンともいう。ヤコブラケル末子(創世記35・18)。父の命名で「わが右の手の子」の意。ベニヤミンの部族は一時勢威があったが,士師時代にほとんど滅びた。王国分裂に際してはユダとともに他の 10部族と分かれた。サウル王,パウロはこの部族の出身。シロの娘略奪は部族再興をはかった伝説。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベニヤミンの関連キーワードサウル(古代イスラエルの初代の王)メンデレ・モヘル・スフォリムイスラエル王国エレミヤモアブ人旧約聖書ユダ王国シメオン士師記ヨアシギベアゲヘナ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android