コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルギー信条 ベルギーしんじょうBelgic confession

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルギー信条
ベルギーしんじょう
Belgic confession

ウァロンおよびフランドル改革派教会信仰告白。 1561年ベルギーにおいて,おもなる起草者ギ・ド・ブレー (1567殉教) によって作成された。原案はフランス語で書かれ,62年皇帝フィリップ2世に提出したが承認されなかった。のちカルバン派神学者ユニウスが 16ヵ条に要約して改革派教会で公認された。本文の内容は,37ヵ条から成り広範にわたるキリスト教教義を集約している。 66年のアントウェルペン教会会議以後は公認採用され,71年には国外のユエムデン教会会議で承認され公的性格を強めた。 1619年のドルト教会会議では,アルミニウス派の修正要求を拒否して補強修正し,ハイデルベルク信仰問答とともにオランダ・ベルギー改革派教会の信仰告白と確定された。古典的信条の一つである (→ドルト信条 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベルギー信条の関連キーワードオランダ改革派教会ドルト

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android