コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルクシュルント ベルクシュルント 〈ドイツ〉Bergschrund

2件 の用語解説(ベルクシュルントの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ベルクシュルント(〈ドイツ〉Bergschrund)

氷河または雪渓と山腹との間にできたすきま。シュルント

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルクシュルント
べるくしゅるんと
Bergschrundドイツ語

氷河の源流部にみられるクレバスの一種で、氷河と周りの岩壁との間に開いた割れ目をさす。カール氷河で典型的に発達し、カール壁と氷河の間に、幅数メートルから十数メートルのすきまをつくる。ベルクシュルントができるのは、氷河が下流へ向かって流動しているためである。これに対して、太陽に熱せられた、両岸の岩壁に接する部分で氷河や雪渓が融(と)けてできた割れ目はラントクルフトRandkluft(ドイツ語)とよばれる。[小野有五]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のベルクシュルントの言及

【登山】より

… ブッシュbushやぶ。 ベルクシュルントBergschrund[ドイツ]雪渓や氷河の氷と山側の岩壁との間の割れ目をいう。 ホールドhold岩登りで,手がかり,足がかりになる岩角をいう。…

【氷河】より

…その極端な場合が氷瀑(アイスフォールicefall)である。また圏谷壁との間に生じた割れ目をベルクシュルントBergschrund(ドイツ語)という。
[氷河の分類]
 氷河はそれが形成される地形に応じて大きく二つに分類される。…

※「ベルクシュルント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベルクシュルントの関連キーワード氷河湖山腹隙間風スノーブリッジ空き間透木面戸氷河下のベルクシュルンド

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベルクシュルントの関連情報