コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルクシュルント 〈ドイツ〉Bergschrund

デジタル大辞泉の解説

ベルクシュルント(〈ドイツ〉Bergschrund)

氷河または雪渓と山腹との間にできたすきま。シュルント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルクシュルント
べるくしゅるんと
Bergschrundドイツ語

氷河の源流部にみられるクレバスの一種で、氷河と周りの岩壁との間に開いた割れ目をさす。カール氷河で典型的に発達し、カール壁と氷河の間に、幅数メートルから十数メートルのすきまをつくる。ベルクシュルントができるのは、氷河が下流へ向かって流動しているためである。これに対して、太陽に熱せられた、両岸の岩壁に接する部分で氷河や雪渓が融(と)けてできた割れ目はラントクルフトRandkluft(ドイツ語)とよばれる。[小野有五]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のベルクシュルントの言及

【登山】より

… ブッシュbushやぶ。 ベルクシュルントBergschrund[ドイツ]雪渓や氷河の氷と山側の岩壁との間の割れ目をいう。 ホールドhold岩登りで,手がかり,足がかりになる岩角をいう。…

【氷河】より

…その極端な場合が氷瀑(アイスフォールicefall)である。また圏谷壁との間に生じた割れ目をベルクシュルントBergschrund(ドイツ語)という。
[氷河の分類]
 氷河はそれが形成される地形に応じて大きく二つに分類される。…

※「ベルクシュルント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android