コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪渓 せっけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雪渓
せっけい

高山の谷に積もった雪が,消雪期になってもなお広く残っているところ。融雪氷結を繰り返しざらめ状の面をなしている。これをたどり遡行 (そこう) して登る雪渓登攀 (とうはん) は,登山方法の一つ。雪面の凹凸を利用して登降するが,それができない場所ではキックステップ技術やピッケルアイゼンの使用,グリセード技術が必要。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

雪渓

夏まで解けずに残る積雪。越年するものは万年雪という。高山の谷だけでなく、稜線(りょうせん)付近にもみられる。冬に降った雪を山に蓄える水源の役割を持ち、減少すれば水不足の原因になる。ヒマラヤなどにある氷河と違って流動しない。

(2008-10-18 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

せっ‐けい【雪渓】

雪や氷が夏でも残っている高山の谷。 夏》「―をかなしと見たり夜もひかる/秋桜子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

雪渓【せっけい】

高山の谷間に夏になっても残っている雪。日本では白馬岳(しろうまだけ)や立山などに見かけられる。長年継続して存在し,雪が氷化し自重で動き始めると氷河になる。
→関連項目万年雪

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せっけい【雪渓 snow patch】

山岳地域において,積雪につごうのよい谷地形のなかに局地的に多量に降り積もった雪が,夏に遅くまで溶けきらずに残ったものをさす。氷期に氷河の浸食作用でできたカールや氷食谷のなかに生じることが多い。雪渓のできる位置と成因によって,吹きだまり型雪渓となだれ型雪渓に分けられる。吹きだまり型雪渓は,稜線の風下側に雪が吹きだまってできたもので,日本アルプスなど冬に西から季節風が吹くところでは,稜線の東側にこの型の雪渓が発達する(北アルプス劔沢の〈はまぐり雪〉雪渓,立山の内蔵助(くらのすけ)雪渓など)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せっけい【雪渓】

雪でうずまった谷。
冬に降り積もった雪が、夏でも解けないで残っている、高山の雪塊。 [季] 夏。 《 -の下にたぎれる黒部川 /虚子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪渓
せっけい
snow patch

残雪が融(と)けることなく、夏の遅い時期まで山地の谷間や凹地を埋めて残っているもの。尾根の風下(かざしも)側に雪が吹きだまってできる「吹きだまり型雪渓」と、急な斜面から雪崩(なだれ)によって運ばれた雪が谷底にたまってできる「雪崩型雪渓」に分けられる。いずれの場合も、局地的に周囲より多量の雪が積もったために生じたものである。夏にも融けきらずに越年する雪渓を「越年性雪渓」(または「多年性雪渓」)というが、北アルプスでは10~20年も越年する剱岳(つるぎだけ)(富山県)の剱沢雪渓、白馬(しろうま)岳(長野・富山県)の白馬大雪渓、立山(富山県)の内蔵助(くらのすけ)雪渓などの例が知られる。越年雪渓では積雪が融解と凍結を繰り返すことによって氷化し、密度が立方センチメートル当り0.5グラム以上のフィルンfirnとよばれる固い雪となる。
 雪渓がさらに成長して、厚さや広がりを増せば流動する氷河となるが、雪渓には氷河のような流動はみられない。しかし、氷化した雪渓は自体の重さで斜面上を滑ることがある。雪渓は北アルプスや東北地方の日本海側山地など、雪がきわめて多く、しかも夏が暑いために氷河にまでは至らない山岳でみられる。日本のこれらの山岳は、世界的にみても雪渓がきわめて多い山岳である。周りが比較的平らな凹地にできた雪渓は雪田(せつでん)とよばれることが多い。雪渓や雪田の周辺部では、積雪の存在によって植物の生育期間が短縮されるので裸地ができ、そこでは雪融け水が凍結、融解を繰り返すことによって岩石が壊され、雪田のある凹地はしだいに拡大される。これが雪食作用である。これに対して、雪が比較的早く消える所では、雪融け水によってつねに湿った環境となり、イワイチョウ、コバイケイソウなど雪田植生とよばれる高山植物の群落がつくられたり、泥炭地が形成されたりする。[小野有五]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の雪渓の言及

【雪食作用】より

…とくに雪どけ時に生じる〈底雪崩〉では,こうした作用が顕著である。また雪渓では,積雪の密度が大きくなって,氷に近い雪(フィルンfirn)になるので,積雪層が斜面上をゆっくりと滑り落ちる際,底面の岩盤に浅いすり傷をつけることも知られている。これらも雪食作用である。…

【氷河】より

…したがって海水が凍ってできる海氷や,陸水が凍ってできる湖氷,河氷,凍土などを除いた地表の氷を指す。積雪は融解・凍結のある所では比較的速く(1~数年程度),また融解の起こらない寒い所ではゆっくりと(数百年程度),したがって雪面から数十m下で,フィルンFirn(ドイツ語)と呼ばれる状態を経て氷に変わる。これは氷の結晶の成長によるもので,それに伴って比重が増す。…

【万年雪】より

…こうした雪は,雪の結晶と結晶の間にある空隙がつながっていて完全な氷になっておらず,雪と氷の中間的な性質をもっている。これをフィルンfirnまたはネベnévéという。以前はフィルンのことを万年雪と呼んだこともあるが,現在ではフィルンを積雪の物理的性質を表す名称とし,万年雪はフィルンからなる越年性雪渓を指すというふうに両者を区別して用いるのがよいとされている。…

【雪田】より

…雪がとけていく際に,くぼ地になったところなどで,吹きだまりの雪がいつまでも残るところがある。そのような場所を雪田という。いつまでも雪が残るということは,植物にいろいろの影響を与える。植物が春になって芽を伸ばし葉を広げる時期と雪との相関からいうと,積雪は厳しい寒気や強風から植物を保護する効果が大きいことが知られており,雪田で雪の下に埋もれて芽の準備を整えていた植物は雪がとけ去ると一斉に展開を始めて植生を形成する。…

【万年雪】より

…夏の融雪期にとけきらずに残る越年性の氷雪の広がりを指す。山地では雪渓や雪田をつくるので,現在では〈越年性(多年性)雪渓〉と呼ばれることが多い。実際には1年でできるのに,それを“万年”雪と呼ぶのは適切でないからである。…

※「雪渓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雪渓の関連キーワードグロースグロックナー山岳道路グロースグロックナー山セッケイカワゲラ何じゃもんじゃ苔ベルクシュルントゾンメルスキー白馬岳・白馬嶽スノーブリッジサマースキー劒岳・剣嶽白馬[村]眼下に見る雪食作用望月玉蟾雪渓襀翅夏スキー石田永雪クレバス針ノ木岳三木分流

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雪渓の関連情報