コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルフニャヤサルダ Verkhnyaya Salda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルフニャヤサルダ
Verkhnyaya Salda

ロシア中西部,スベルドロフスク州の都市。州都エカテリンブルグの北約 130km,ウラル山脈中部東麓にあり,オビ川水系サルダ川に臨む。1760年冶金工場が建設されたことに始まる。主要工業は冶金で,鉄鋼,レールなどを製造する。ニジニータギルの東北東にあたり,鉄道で連絡。人口 5万5100 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android